2012年03月24日

悪いコトしてるわけでもないのに。

シンコーミュージックから隔月刊で発売されている雑誌『ゲッカヨ』。
ボカロ・歌ってみたに力を入れていることもあり、
ボカロクラスタや歌い手クラスタの人にはそれなりに知られた雑誌である。
http://www.gekkayo.jp


その『ゲッカヨ』が、誌面連動企画として、
以下の曲に対する歌詞募集を行っていたので、2本ほど応募してみた。





で、その選考結果が、3/23に発売された『ゲッカヨ』vol.2に掲載されるということで、
今日書店で購入してきた。
…選考結果については、また日を改めて書かせていただくということでw(ぉぃ



今日の本題は、今回入手した『ゲッカヨ』の読者ページにあったある投稿。
あまりな内容だったので、全文転載させていただく。
(ゲッカヨさんごめんなさい)



  ピアプロで作詞活動しているのが親に見つかって、ケータイごと没収…。
  ミクのオリジナル曲動画を制作中だったのに、
  アカウントも削除されてしまいました。
  おかげで絵師さんとも連絡が取れなくなってしまい…
  形はどうあれ作品を途中で投げ出した自分が悔しくて悔しくて情けなくて、
  毎日泣いています…。
  見ておられるか分かりませんが、
  一緒にコラボしてくださったみなさん、本当にごめんなさい…




投稿主は19歳の女子。
正直、読んでるこちらまで悲しくなったと同時に、ムカッとくるものを感じた。



別に、出会い系サイトで異性くわえこんで、
毎晩セクロス三昧してるわけでもないし、
グリーやモバゲーで課金アイテムに入れあげてるわけでもない。

それなのに、「知らない誰かとネットでやりとりしてる」ってだけで
どうしてそこまでされにゃならんのか、と。


ひとと協力して、少しでもいいものを作ろうとしてるだけじゃん。
ムダに金銭つぎこんでるわけでもないし、
いかがわしい行為に及んでるわけでもない。
それがアカウント削除? ケータイ没収?


しかも、小学生や中学生ならまだしも、
19歳っつったらほとんどオトナと同じでしょ。
それでこんなひどい仕打ちってアリか?


仮に、学業(もしくは仕事)に影響が出てるとかだったとしても、
せいぜいネットする時間を制限するとか、その程度でいいでしょ。
何もそこまでする必要ない。



某SNSとか、2chの某スレとか見ると、
「作詞してくれるはずの子と連絡がとれなくなった」とか、
「コラボ主が作業ほっぽらかして音信不通になった」とかっていうのをたまに見るけど、
そういうのって、ブッチする側が無責任だっていうばかりじゃなくて、
こういう「容赦なき事情」で連絡とりたくてもとれなくなった、っていうケースも
ちょいちょいあるのかなぁ…と、今回の件で考えるようになった。


とりあえず、この女の子の1件は、事実ならかわいそうすぎる。

俺もピアプロを根城に作詞活動させてもらってる身なので、
他人事に思えず、あまりにひどいと感じた。



親はもうちょっと、──ほんのちょっとでいいから、
自分の子供を信用してやんなよ。
思い込みで子供の楽しみ奪って潰すなんて、
沖縄の雪遊びを一旦中止に追い込んだ放射脳モンペと同じじゃないか。



この投稿主の女の子、今回の件で気持ちが折れちゃってるかもしれないけど、
できれば、またいつか作詞活動を始めてくれたらいいな…と、心から願う。
posted by mak.kanz@wa at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスコミやら何やらに踊らされて、神経質になっている親御さんにとっては
ピアプロも出会い系と同じカテゴリに入っているのでしょうね。
そう言えば一時ピアプロ内でも出会い系の勧誘があったのか、
ソチラ系への注意を喚起する警告文が載っていたのを思い出しました。

子供を守るという行為は、親として当然なのでしょうけれども、
その結論として檻に閉じ込めるというのは、いささか短絡過ぎだと自分も思います。

同じくピアプロを使っている身としては、どうにか立ち直って貰いたい所ですね。
Posted by psgmania at 2012年03月25日 10:43
>>psgmaniaさん
コメントありがとうございます。

ネットでの出会いとか交流というものに対して、いかがわしさや危険を感じている人は、
未だに少なからずいるんでしょうね。
この女の子の親ともなれば、俺とそんなに世代は変わらないのに、
それでもこれだけネットに対する印象が違うというのも…

危険な目にあわせなければそれでOK、というわけでもないと思うんですけどね。

学校卒業したら、自分の力でピアプロに復活してくれるといいな、と思います。
Posted by mak.kanz@wa at 2012年03月26日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック