2013年05月31日

『ドキ生Debut vol.2』見てきたよ!

5/25(土)。
東京・大塚のライブハウス「Hearts+」で開催された
『ドキ生Debut vol.2』を見に行ってきた。


今回は全5組の参加であった…が、俺のお目当てはもちろん、
最もリスペクトしてやまない、パレットPことnocchi1031氏が率いるバンド・
Primary Color Palette(以下PCP)。

これまで、nocchiさんの演奏している姿は2度ほど拝見しているが、
いずれもブラボーカフェさんのサポートベーシストとしての姿だったので、
「本職」であるギタリストとしてのnocchiさんを見るのは
当然のことながら今回が初めてw
ということで、ずっとずっと楽しみにしていた。


当日、ヤボ用に時間を食ってしまい、
現地到着時は、すでに1組目であるフロッタージュの演奏が始まっていた><

ロビーについてきょろきょろしてたら、ちょうどnocchiさんと鉢合わせw
流れでタオルマンさんを紹介してもらい、ご挨拶。
その後、MKiriさん・グル美さん・哲犬さんともご対面を果たす。
当然のことながら、nocchiさん以外の皆さんとは初対面なので、
「はじめまして」のラッシュにw
(哲犬さんだけは、にゃっぽん〜Twitterでつきあいアリだったけど)


で、そんなこんなで(何
我らがPCPは4組目に登場。
できるだけ近くで堪能したいと思ったので、ほぼ最前列な場所を陣取り待機。
後ろの人が見えないかもって? そんなの関係ね(ry


ステージ前のスクリーンがあがり始めると同時に、
オープニングSEとして流れてきたのは「人魚」。


人魚 powered by ピアプロ

ドラムンベースの心地よいリズムで、いやが上にも気分は高揚していく。
(ライブ後、実はこのSEがMKiriさんのキーボードから
 流されていたと知ってびっくりした!)


そしてスクリーンがあがり切ったところで、
タオルマンさんの腹にずしっとクるドラムとともに始まったのは、
「Winner Takes All」!



実は、ロビーでMKiriさんと話していた時に
「1曲目ですよ♪」と言われてしまっていたわけだがw
わかっていても、実際にオープニングナンバーとしてこの曲が…と思うと、
胸にじーんとくるものが。
nocchiさんとコラボした初めての曲ということもあり、
自分の中でも思い入れの強いこのナンバーを生で聴けるというのは、
歌詞屋冥利に尽きる気持ちだった。


2曲目は「夕空と歌声と」。



ニコ動で聴くよりも、ライブで聴くと「映える」曲だな、と思った。
哲犬さんのベースのうねり具合が気持ちいい。


軽くMCを挟んでの3曲目は、nocchiさん最大のヒットナンバー「サッドソング」。



タオルマンさんのドラムが、まさに「火を噴くぜ」レベルの激しさ。
原曲のあの暴れ太鼓を完璧にライブの場に持ち込んだー!って感じで、
ずっとタオルマンさんの演奏に目が釘付けになったw


4曲目、MKiriさんの引き込まれるようなキーボードの音色で始まったのは、
nocchiさんの初オリ曲にして、P名の由来でもある「Palette」。



A〜Bメロの「静」から、サビの「動」への流れはいつ聴いてもみなぎる。
これを生で聴けることの幸せを感じる。


その後はメンバー紹介へ。
PCPは5人全員、居住地がバラバラということで、紹介順は北からw
哲犬さんの紹介で「from 北海道!」とグル美さんが言った瞬間、客席がどよめいたwww

そして、ラストナンバーは「Color」。



「『忘れないで』、みんなで一緒に!」とグル美さん。
それに呼応するように声を上げて歌う観客。もちろん俺もw
間奏のギターソロに入ったところで、もうグッとこみあげてくるものが。

ボカロを・MEIKOを聴いててよかった。
nocchiさんを追っかけててよかった。
心からそう思った瞬間だった。


今回のライブを見てて思ったのは、
5人ともものすごく楽しそうに演ってた、ということ。
みんなのキラキラした笑顔がとても印象に残っている。

それと、全員の圧倒的に安定したクオリティ。
nocchiさんのギターはもちろんのこと、グル美さんのボーカル、
哲犬さんのベース、MKiriさんのキーボード、タオルマンさんのドラム。
全員での練習わずか3回で本番に臨んだとは思えないほどのフィット感。
本当に最高のバンドだと思った。



PCPの出番終了後、ロビーで一服していると、
なんと目の前に拝郷メイコさんが!!!
Twitterで、某相互さんと「来てくれたりしませんかねー」と会話してはいたが、
本当にいらっしゃってるとは思わなかったのでマジでびっくり。
(「DAIBA de Thanks」からの流れ的に、来るべくして…だったのかもですが)
顔ちっちゃかったなぁ…(*´д`)


終演後、全バンドのメンバーの方々からひとことのコーナーが。
nocchiさんからは
「自分たち以外にも、演ってみようというところが出てくればいいと思う」
というようなコメントが。
MEIKOマスターさんたちの曲は、どれもこれもライブ映えするものばかりなので、
確かに後に続くバンドが出てくれば面白いし、見てみたいと思った。



その後、打ち上げの末席に参加させていただき、PCPの皆さんと改めて歓談w
rumecoさんともようやく対面を果たし、ご挨拶。
持参した『暁』の歌詞カードに、皆さんのサインをもらったりしながら、
ライブの余韻を反芻しつつ、終電で帰路に。



今まで、いろんなコンサートやらライブやら見てきたつもりだけど、
今回のドキ生は、──PCPの演奏は、
自分史上もっとも楽しいライブだった。

Twitterでも書いたけど、
この素晴らしいひとときをくれた、PCPの皆さんと、
ドキ生スタッフの皆さんに、心から感謝している。


…できれば、今回だけで終わりにしてほしくない。
いつかまた、気持ちいい夢のようなリアルを見させてください。
 
posted by mak.kanz@wa at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パレットPを知ったのは何時になるのだろうか?と、
思いを巡らせると、
今はなきにゃっぽんでかんざわさんに出会った事から
始まったように思う。
かんざわさんとは多分、にゃっぽん二輪部で出会い
つきあいが始まって、
Winner Takes Allが二コに上がってすぐの日記かなんかで
この曲とパレさんを知ったんじゃなかったかな。
だから、かんざわさんと知り合ってなかったら
パレさんの楽曲と出会う事が大幅に遅れたのかも知れないし、
PCPもなかったのかも知れない。
そういう意味ではにゃっぽんってすごい場所だったんだなと思う。
自分のにゃっぽんの日記はにゃっぽんと運命を共にしたけど
あそこで出会えた人達との輪はすごく大切にしてる。

そして、打ち上げでの「15年位前にニアミスの可能性」の話、
世間はものすごく狭いと改めて思いました。
あの時、あの場所で、すれ違ったかもしれない人が
後々、人生のキーマンになるんだから。
Posted by 哲犬 at 2013年06月01日 00:01
>>哲犬さん
コメありがとうございます。

そういえば、PCP結成は哲犬さんからパレさんに
オファー出したんでしたっけか。
って考えた上で改めてコメント読ませていただくと、
…発火点は俺っスか?w 何かgkbrする気持ちですw


でもほんと、人生の糸ってどこでより合わさるか判らないモンですね。
こちらこそ、あの時つかむこともなく見送った何かを、
ようやくつかまえたような感覚にもなっています。
改めて。ほんとうにありがとうございました。
Posted by mak.kanz@wa at 2013年06月01日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック